医者

腎臓病は目立たたない病気進行が特徴~病気改善ゲンゲン元気回復~

腎臓の機能低下による病気

病院

腎臓の機能の低下、または機能が失われしまうことで、蛋白尿や血尿の発生・むくみや高血圧の症状が現れる病気を腎臓病と言います。腎臓病は発症すると完治は困難な病気です。早期の発見が重要であり、食事療法・薬物療法で残された腎臓の機能を長持ちさせることが唯一の治療とされています。

腎臓は大切な臓器です

カルテ

体に取り入れた食物などを排出するためには、腎臓の働きがかなり重要となります。しかし腎臓病を発症してしまうと、血液の不純物を上手く排出できなくなってしまい様々な問題が発生してしまいます。病気を防ぐためには定期健診を受けましょう。

近年増加し続けている病

病室

腎臓病の初期は自覚症状が現れにくいと言った特徴があります。自覚症状がないと言う事は発見を遅らせてしまう原因となり症状を知らず知らずのうちに深刻化させてしまいます。飲酒量が日頃から多く不規則な生活に心当たりがある場合には一度詳しい検査を行う事が早期発見に繋がります。

腎臓結石の種類と症状

背中に激痛が走る腎臓結石

医者

腎臓病は普段から目立った症状が無く、気が付いたら病気が進行している事も少なくありません。そんな腎臓病の代表とも言える病が腎臓結石です。腎臓結石の特徴としてはなんと言っても腰や腹部の激痛です。また、腎臓結石が原因で最終的には他の腎臓病になってしまうケースもあります。そんな恐ろしい腎臓結石ですが様々な種類があり、その種類によって結石の出来方も異なります。最も代表的な結石の一つにカルシウム結石というものもあります。この結石は一見名前を聞くとカルシウムの取り過ぎによる結石だと勘違いしがちですが、実はまったく逆で体内のカルシウム不足により出来てしまう結石というものもあるのです。特殊なものとしては生まれつき尿淡白が出てしまい、それが腎臓内で結晶化して結石になるシスチン結石もあります。

腎臓結石を予防するには

さて、腎臓結石について様々な種類を紹介してきましたが、具体的にはどのように結石は出来てしまうのでしょうか。シスチン結石のように先天性異常がある場合は医師の診断を定期的に受け、薬を飲み続ける事や水分を多く摂取する等、医師との関わりが重要になってきます。しかし、カルシウム結石の場合は日々の日常生活を管理する事で予防することが出来ます。先程カルシウム結石はカルシウムの不足により結石が出来てしまうという話をしましたが、ただ闇雲にカルシウムを摂取すれば良い訳ではありません。そもそもカルシウム結石は飲酒や糖質、脂っこい食事の取り過ぎなど食生活の偏りによって引き起こされます。脂っこい食事等に含まれる脂肪酸がカルシウムと結合し余ったシュウ酸が尿中に溜まって結石になるのです。シュウ酸は本来腸の中でカルシウムと結合し便として排出されます。しかしシュウ酸が多すぎるとカルシウムが不足して尿中に溜まってしまうのです。このように結石によって様々な原因と対処法があります。結石や腎臓病にならない為にも日常生活に気をつけて病気の予防に努めましょう。