悩み

腎臓病は目立たたない病気進行が特徴~病気改善ゲンゲン元気回復~

腎臓の機能低下による病気

腎臓の病気の主な症状

病院

腎臓の機能が低下、または失われてしまうことで、身体中に様々な影響が出てくる病気を総称して腎臓病と言います。腎臓は体内の水分の調節・毒素や老廃物の排出と言った、とても重要な役割を担っている臓器です。その腎臓に問題が生じ機能が低下、または失われてしまうと、蛋白尿や血尿の発生・むくみや高血圧などの症状が現れます。腎臓の機能は殆どの場合が回復することはなく、腎臓病が発症するとほぼ確実に「腎不全」となってしまいます。腎不全が進行していくと体内の老廃物が排出できずに溜まってしまい、尿毒症を引き起こしてしまうのです。一昔前までは、治らない病気と言われていた腎臓病ですが、近年では早期の治療で進行を遅らせることが可能となっています。

腎臓の病気の種類と治療法

腎臓病にはいくつか種類があるので、治療法もその種類に合わせて選択されます。腎臓病の種類の一つである「慢性腎炎」は、腎臓の糸球体に異常・障害が出る疾患です。治療法は薬物療法が選択され、主にステロイドの内服加療を行います。次に糖尿病が影響することで発症する腎臓病を「糖尿病性腎症」と言います。糖尿病から来る高血糖が発症の原因とされています。次に、高血圧や動脈硬化症が原因で、腎臓の血管が硬化することで発症する腎臓病を「腎硬化症」と言います。そして最後に腎臓病の種類として有名なのが「ネフローゼ症候群」です。様々な要因により腎臓に異常が起こり、たんぱく質が尿に排出されてしまう状態がネフローゼ症候群であり、一つの疾患ではありません。腎臓病は一度発症してしまうと完治は困難とされています。早期発見が重要であり、主に食事療法や薬物療法により残された腎臓の機能を失わないようにすることが唯一の治療とされています。