悩み

腎臓病は目立たたない病気進行が特徴~病気改善ゲンゲン元気回復~

腎臓は大切な臓器です

腎臓

カルテ

腎臓は、腹腔背側の左右に1個ずつあって、主に老廃物の排泄に関与している大切な臓器です。要するに、血液中の老廃物を腎臓でろ過して、いらなくなった老廃物を尿と一緒に排泄する働きがあるのです。腎臓病にはいろいろな種類がありますが、大きく分けると原発性と続発性に分けることができます。原発性とは腎臓の糸球体や間質に炎症が起こる場合を言い、続発性には糖尿病や痛風によって引き起こされる腎炎があります。また、腎臓病の経過によって急性と慢性に分けることができ、急性経過をとる代表的なものに、急性糸球体腎炎があります。慢性経過をとるものには慢性糸球体腎炎や糖尿病性腎症、そして腎硬化症等があります。そして、腎臓病になると尿が出なくなったり、逆に頻尿になったりするのです。

検査と治療

腎臓病の検査と治療について簡単に説明します。まず検査法ですが、これには尿検査と血液検査、そして画像診断やバイオプシー等があります。尿検査は、スティック状の検査試薬を使って行うものです。主に尿たんぱくや血尿の有無を見ます。血液検査では血清クレアチンやBUN値を診ます。画像診断ではエコーやCT等を使って腎臓の状態を確認するのです。最後にバイオプシーというのは腎臓の組織を細い針を使って抜き取り組織を染色して顕微鏡で見るのです。治療法については、腎臓病の病態によって様々です。急性の腎臓病であれば治療もできるのですが、慢性になると難しくなる傾向があります。ですから、定期健康診断を受診することをおススメします。