悩み

腎臓病は目立たたない病気進行が特徴~病気改善ゲンゲン元気回復~

近年増加し続けている病

糖尿病や高血圧が招く病

病室

近年腎臓病を発症する患者が増加してきています。肝臓病を発症する原因として考えられるのは、肝臓自体に異常がある場合と別の病が発症の原因となっている場合があります。そして近年増加している腎臓病の原因は糖尿病や高血圧を原因とするものです。高血圧や糖尿病を発症する患者が増える一方で腎臓病を発症する患者が後をたちません。肝臓が全く機能し無くなった為に人工透析が必要になった患者の約40%が糖尿病患者だとされています。そして高血圧の場合肝臓に存在している血管に動脈硬化を引き起こし肝臓の働きが衰えていきます。そしてこの二つの病は遺伝や生活環境が深く関わりを見せており現代人は生活習慣が乱れている傾向が強くこれらの病を招きやすくなります。今後も高血圧や糖尿病患者が増える中腎臓病患者も増えていくと考えられます。

腎臓の病に対する豆知識

糖尿病や高血圧は腎臓病を発症させてしまう可能性のある病であり異常が見つかった場合には早急に治療に取り掛からなければなりません。そして腎臓病の初期には自覚症状が無く知らず知らずのうちに症状が深刻化しているケースもあります。そして一番分かりやすい症状として浮腫みが現れる場合がありますのでこの症状が現れた場合には一度詳しい検査を行う必要があります。腎臓病を予防する為に効果的なのは食事内容を見直す事です。飲酒は腎臓に負担をかける為に控えるようにし栄養バランスの取れた食事を行い肥満を予防していく事です。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており自覚症状が現れた場合には深刻な状態にまで悪化している事も珍しくありません。定期的に病院での健康診断を行う事が早期発見に繋がります。